ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

金正恩

「東京五輪」不参加の北に期待する事

 誰も敢えて言わないし、「あの国はもともと存在していない」とばかりに無視されている、といった感じすら受ける。第32回東京夏季五輪・パラリンピックには205カ国・地域と難民選手団が参加し、1万人を超える選手たちが33競技に熱気ある試合を展開させているが、あの国の選手たちは参加していない。北朝鮮だ。

MM00282991
▲北朝鮮・朝鮮労働党創建75周年の祝賀会で演壇に立つ金正恩党総書記(朝鮮中央通信公式サイトから)

 23日の国立競技場での開会式を観戦した。行進する参加国の選手たちの姿、そのユニフォームはカラフルで目を楽しませてくれた。「世界にこんな多くの国があったのか」と改めてビックリ。初めて聞く国の代表団もあった。彼らはオリンピックというスポーツの祭典に参加するために集まってきた選手、関係者だ。

 北朝鮮が五輪大会に参加しないのは、核開発関連の国連制裁を受けたからではない。国連加盟国全てからは国家としてまだ承認されていないコソボも代表団を派遣しているし、国連が創設した難民選手団も参加している。それなのに日本の隣に位置する北朝鮮は代表団を派遣していないのだ。それも自らボイコットしたのだ。

 北朝鮮体育省は4月6日、公式サイトで東京五輪大会不参加を表明した。その理由は「北朝鮮オリンピック委員会は先月25日の総会で、悪性ウイルス感染症(新型コロナウイルス感染症)による世界的な保健の危機状況から選手を保護するため、委員の提議により第32回オリンピック競技大会に参加しないことを決定した」(韓国聨合ニュース)という。

 北の五輪不参加の理由をそのまま鵜呑みにする人は少ないだろう。国民の人権を蹂躙してきた北朝鮮当局がここにきて突然、「選手を新型コロナ感染から守るために五輪大会の不参加を決めた」というのは信じられない。国民を犠牲にしても国家の威信を高めるためなら何でも実行する国だ。北の為政者が突然、国民の人権、福祉を強調したとしても土台無理があるわけだ。

 当方はこのコラム欄で、「五輪大会不参加の理由ははっきりとしている。第32回東京五輪大会に参加してもメダルを取れるチャンスは限りなくゼロに近いからだ。五輪大会を含む国際スポーツ大会で、北朝鮮の選手がメダルを取り、国家の威信を世界に発信できないならば、選手団を派遣する意味がないのだ。スポーツと政治をリンクさせてきた北朝鮮にとっては当然の決定だ。『オリンピックは参加に意義がある』といった贅沢な世界は北には当てはまらない」と書いたうえで、「北の五輪不参加表明にはもっと深刻な事情が考えられる。北では五輪参加資格を有する『民族代表スポーツ選手』の場合、選手は特別扱いされ、国民が食糧不足で飢餓状況にあっても国家から食糧は優遇されてきた。その優遇が出来なくなってきたのだ。これが大きな理由だ」と指摘した(「北朝鮮の東京五輪不参加の『事情』」2021年4月7日参考)。

 興味深い点は、東京五輪開幕直後の7月25日、北朝鮮は対外宣伝メディアを通じて、「日本が東京五輪を帝国主義の復活の好機と考えている」と、日本批判を展開させていることだ。曰く、「日本は東京五輪を機に歴史歪曲と領土強奪策動に一層拍車をかけている。各国のスポーツ選手が集まり、世界中から注目される五輪を軍国主義復活に向けて利用している」(聯合ニュース)と非難しているのだ。東京五輪開催と日本の軍国主義の復活をリンクして日本を批判する国は世界を見渡しても北朝鮮しかいないだろう。全くのピンぼけ丸出しの論理だ。五輪参加できない国の恨みが込められていると感じるほどだ。

 どの国からも北の五輪不参加を残念がる声が聞かれないことに、北側はプライドを傷つけられているはずだ。当方は北が東京五輪大会に参加しないことを残念に思ってきた。五輪大会というスポーツの祭典に北の若者たちの姿が見られないことはやはり寂しい。同時に、世界から孤立化している北朝鮮が国際社会への再統合の姿勢を見せることが出来るチャンスでもあっただけに、金正恩総書記の今回の「五輪不参加」決定には失望している。

 北朝鮮には国民が3食を堪能できる食糧が基本的に欠如している。「新型コロナウイルスの感染者はいない」という北側の公式発表は信じられない。ひょっとしたら多くの国民が感染しているのではないか。肝心のコロナワクチンは手に入らない。中国共産党政権が同国のシノバック製ワクチンを提供しようとしても、北側は、「中国製のワクチンは信頼できない。米国製ワクチンがほしい」と主張しているのだ。しかし、米製薬大手ファイザー社などのmRNAワクチンには零下70度で保存できる冷凍保存設備(コールドチェン)が必要だが、北にはそれがない。そうだ、北には全てが「ない、ない」状況なのだ。そんな国がメダルを獲得するためにスポーツ選手を派遣できる余裕があるだろうか。

 冷たく言えば、3代世襲独裁国家の悲惨な状況は独裁者の自業自得と言えるから、誰を恨んだとしても意味がない。北の国民だけが恨みをぶつけることができる。しかし、北が現状の困窮から脱出するチャンスがまったくないか、といえばそうではない。人は変わることが出来るように、国も変わることが出来るのだ。

 130kgの巨漢だった金正恩氏が短期間で10kgあまりの減量に成功したというニュースが平壌から流れてきている。過去の重みから少しづつ解放されてきた金正恩氏に「人民第一主義」を実践していただきたい。「真夏の夢」物語に終わらせてはならない。独裁者も変わることができることを金正恩氏は世界に証明すべきだ。10kgの減量だけではまだまだ不十分だ。

金正恩氏はまだシングル

 北朝鮮の金正日労働党総書記が訪中し、約6000キロの長距離を無事クリアして帰国した。当方はその成果などについて知人の北外交官に聞く機会を探してきた。そして1日、同外交官をようやくキャッチできた。以下はその一問一答だ。

 ――金総書記が訪中を終え、帰国したが、過去1年間で3回目の訪中(5月20日〜27日)の目的について聞きたい。

 「一つはわが国と中国間の友好深化だ。それに経済協力問題を話し合うことだ」

 ――そのため金総書記は長距離の旅をしたというのか。北朝鮮消息筋では、金総書記は中国側に最新戦闘機の提供など軍事支援を要請したという情報が流れている。

 「それはないと思う。大型の経済支援を要請したというニュースも聞くが、経済支援ではなく、経済協力プロジェクトで話し合ったのだ」

 ――いずれにしても、あまり成果のない訪中だった、というのが韓国メディア報道から伝わってくる。

 「そのようなことはないだろう。金総書記は訪中の成果に満足していると聞く」

 ――それでは北朝鮮国防委員会の報道官が「韓国とはこれ以上相手にしない」と強く韓国を批判し、南北首脳会談開催の予備接触の内容を暴露したのはなぜか。6カ国協議のホスト国の中国は南北両国会議、米朝会議、6カ国協議再開という3段階プロセスを進めているが、北側の反応は南北間の対立を強めるだけだ。中国側の願いである6カ国協議の早期再開は覚束ない。

 「韓国の李明博大統領がベルリンで第2回核安保サミットに金総書記を招請し、その前提として非核化を強く要求したからだ。南北間の関係悪化の責任は韓国側にある」

 ――金総書記の健康は回復していると受け取っていいか。

 「金総書記の健康にはもはや大きな問題はない。全ての職務を履行している」

 ――ところで、後継者の決定した金正恩氏の結婚説が流れている。

 「正恩氏が結婚したとは聞かない。まだシングルだろう」

 ――あなたや金光燮駐オーストリア大使(金正日労働党総書記の義弟)は昨年9月頃、平壌に滞在していた。金ファミリーが結集して正恩氏の結婚式を祝ったのではないか。

 「私や金大使がその時期、帰国していたことは事実だが、結婚式の参加のためではない」

 ――正恩氏は今年28歳だ。結婚しても可笑しくない年齢ではないか。

 「わが国では最近、結婚年齢が遅くなってきた。シングル時代を楽しみたい若者が増えてきたからだ。いずれにしても、私個人は金正恩氏の結婚を聞いていない」

訪中した金総書記の意図は何か

 当方は4日間、ウィーンを留守にしていた。ギリシャに急遽出発する前、当方には2の心配事があった。一つは訪中の北朝鮮最高指導者、金正日労働党総書記の動向だ。ギリシャでもフォローできるが、旅先では少々勝手が違う。知人の北朝鮮外交官にも聞けないし、じっくりと分析する時間を見出せないだろうと考えたからだ。もう一つはウィーン国連の中東記者たちと会えないことだ。彼らは当方の友人であり、中東アラブの詳細な情報を知る上で貴重な情報源だからだ。
 留守中、金総書記は27日、7日間の訪中を終えて帰国した。北京で首脳会談が開催されたこと、北国営の朝鮮中央通信社(KCNA)を通じて、後継者・金正恩氏が訪中していなかったことが確認された。
 当方はこのコラム欄で「金正恩氏の訪中計画はない」と語った北の知人外交官の発言を紹介した(「金正恩氏の訪中計画は聞かない」2011年5月6日)。そして「金総書記、年齢相応の健康維持」(同年5月15日)の中では、「後継プロセスのテンポが緩やかになる」可能性を示唆した同外交官の発言を伝えたばかりだ。
 これまでの情報によると、北外交官の発言内容は正しかったことになる。もちろん、訪中内容はまだ明らかではないから、後日、サプライズがあるかもしれない。
 当方は金総書記の訪中が明らかになった直後、知人の北外交官に金総書記の訪問目的などを聞いた。過去1年間で3回目となる訪中について、知人は「自分も分からない」と繰り返していた。すなわち、かなり正しい情報を知る知人の北外交官も金総書記の訪中とその目的についてはまったく知らされていなかったことになる。とすれば、金総書記の訪中が「突然、決定した可能性」が排除できなくなる。中国当局から招請されていた正恩氏ではなく、父親の金総書記の訪中が短期間で決まったことが考えられるわけだ。それが事実とすれば、どうしてか。
 とにかく、当方は近いうちに知人の北外交官に会い、金総書記の7日間の訪中目的などについて聞くつもりだ。何か分かり次第、読者の皆様に報告したい。
 なお、当方が訪問したギリシャには北朝鮮と深い接触があった北大西洋条約機構(NATO)退位軍人がいた。北は彼を通じてNATO関連の軍事情報を入手していたことを付け足しておく。

「金総書記、年齢相応の健康維持」

 韓国の李明博大統領は北朝鮮の核放棄合意を条件に来年3月にソウルで開催される第2回核安全保障サミットに金正日労働党総書記を招待すると提案したが、北朝鮮側は「考慮にも値しない。バカバカしい」と一蹴。そのため「北は対話から強硬路線に変わった」といった憶測が流れている。
 欧州の北外交筋は、「韓国大統領の提案はわが国の非核化を条件としている。南北間の対話は条件付であってはならない。南の提案を拒否するのは当然だ」と説明する一方、韓国メディアが報じるように、「対話から強硬政策に転換した」という憶測は根拠がないと強調した。
 金正日総書記の警護担当護衛総局の特殊要員が北京に到着し、中国駐在の北大使が中国党要人らと会合したことから、金総書記の後継者、金正恩氏の訪中が差し迫っていると受け取られている。北外交筋は、「誰がそのような情報を流しているのかね。正恩氏の訪中は現時点では考えられない」と述べ、正恩氏の近日中の訪中説を重ねて否定した。
 昨年9月に開催された党人民代表会で後継者に選出された正恩氏が病後の父親・金総書記の職務を急テンポで相続しているという情報については、「正恩氏はまだ若い。重要な事項は依然、金総書記が行っている」と述べ、正恩氏への職務移行が韓国で考えるほど急テンポでは進められていないことを示唆した。金総書記の健康状況につては「70歳を前にした人間としては当然、完全な健康とはいわないが、職務履行に問題はまったくない」と主張した。
 
 
 
【短信】オーストリア、対日支援総額発表
 
 オーストリア日刊紙によれば、同国は今年3月に大震災を受けた日本への支援金が今月11日現在、約550万ユーロに達したという。具体的には、これは16の慈善団体の義援金総額だ。
 そして、「ドイツはわが国の10倍の人口を有しながら、対日支援金は3倍余りに過ぎない」と指摘、国民1人当たりではオーストリアは大国ドイツ(約1700万ユーロ)より多く支援しているという。感謝

「金正恩氏の訪中計画は聞かない」

 知人の北朝鮮外交官は先週、仕事の関係で中国、北朝鮮を訪ねた後、約10日ぶりにウィーンに帰任した。
 そこで、知人に2、3の質問をした。当方が聞きたかったことは金正日労働党総書記の後継者に選出された金正恩氏の訪中計画だ。

 ――金正恩氏が今月中旬にも訪中するのではないか、と囁かれていますが、訪中時期は具体的にいつですか。

 (知人はこちらの顔を見ながら)先月の段階で君にもいったが、正恩氏の訪中計画そのものを聞いたことがない。正恩氏が近日中に訪中するならば、われわれにも通常伝わってくるが、これまでのところ正恩氏の訪中に関連する情報は皆無だ。

 ――ところで、金総書記は訪朝したカーター米元大統領と2度も会見を拒否したが、どうしてですか。カーター氏によると、北側が彼を招待したということになっています。

 実際は、カーター氏が訪朝したかったのだ。だから、「来たければ来てください」といった程度の招待だと聞いている。カーター氏には1994年訪朝時のような大きな政治的成果を上げたい野心があるのだろうが、われわれ側にはカーター氏を通じて何らかの政治的成果を挙げたいといった思わない。金総書記がカーター氏に会わなかった理由は知らないが、わが国にとって、カーター氏は昔の人に過ぎない。

 ――平壌で金正男氏に会いましたか。

 正男氏については、久しく接触がないから、同氏が現在、平壌かマカオかは皆目分らない。

 ――正男氏の身辺に何か起きたことはないですか。

 そのような事はないだろう。

 ――最後に、確認したいことですが、2006年3月に韓国に亡命し、その後、行方不明となった駐ハンガリーの北貿易関連会社社長の田承凡(Jeon Seung Bong)について聞きたい。

 田氏の名前は聞いたことがない。ハンガリー語を喋る外交官やビジネスマンは駐オーストリアの北朝鮮大使館にも数人いる。しかし、君がいう名前は正直いって知らないね。



【短信】ビンラディンは腎臓を煩っていた
 国際テロ組織アルカイダの首謀者オサマ・ビンラディンは1990年代、スーダンに潜伏していたが、駐オーストリアのスーダン外交筋によると、「ビンラディンは腎臓を煩っていたので、医療事情が悪いアフガニスタンとパキスタン両国の国境周辺には潜伏せず、パキスタンの首都イスラマバード郊外アボタバードの邸宅に身を隠し、定期的に治療を受けていたはずだ」と証言した。
 米特殊部隊が潜伏先を襲撃した際、20代の女医者がいたといわれているが、ビンラディンの妻の1人ではなく、「治療担当医の一人ではないか」という。 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ