ウィーン発 『コンフィデンシャル』

 ウィーンに居住する筆者が国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに書き送ります。

イラン「デモ参加者は外国の傭兵だ」

 テヘランで22歳の女性、マーサー・アミニさん(Mahsa Amini)が宗教警察官に頭のスカーフから髪がはみ出しているとしてイスラム教の服装規則違反で逮捕され、警察署に連行され、尋問中に突然意識を失い病院に運ばれたが、死亡した事件はイラン国内で大きな怒りを呼び起こしている(「イラン国内を揺さぶる『アミニ事件』」2022年9月22日参考)。

Screenshot_20220929-101006
▲抗議デモ参加者とイラン治安関係者が衝突(2022年9月28日、オーストリア国営放送ニュース番組のスクリーンショットから)

 事件後、30日で2週間が経過するが、テヘランでは女性たちが路上に飛び出し、女性の権利を蹂躙するイスラム原理根本主義政権(ムッラー政権)を批判する抗議デモを行っている。問題にされているのは、1979年のイスラム革命以降施行されている服装規定だけでなく、女性に対する差別全般だ。多くの若い女性たちは、「数本の髪の毛」のために死ななければならなかったことに憤慨し、「私たちはジェンダー・アパルトへイト体制にうんざりしている」と怒りを吐き出している。

 一方、イラン軍はイラク内のクルド系武装勢力に砲撃を加えるなど、イラン側の焦点はクルド系への攻撃にシフトを変えてきている。アミニさん はクルド人のルーツを持ち、家族と一緒にクルディスタン州に住んでいたため、特に多くのクルド人の都市で、暴力的な抗議行動や警察との衝突が起きているからだ。

 イラン軍は28日、ロケットとドローンで隣国イラク内のクルド人グループの複数の建物を攻撃した。テヘラン側は「クルド人グループによる以前の攻撃に対する報復だ」として正当化している。保守強硬派のライシ大統領は抗議デモの矛先が最高指導者ハメネイ師や政府に向かってきたことに危機感を強めている。同大統領は、クルド系武装勢力がアミニ事件を理由に活動を強化しているとして、抗議行動を「敵の陰謀」と受け取っている。

 当局によると、イラク北部のクルド人自治区アルビルとスレイマニヤ近郊で28日、イラン革命防衛隊(IRGC)による攻撃があり、民間人を含む13人が死亡し、58人が負傷した。ニュースサイトKurdistan24.netが報じたところによると、爆発物を搭載したドローンがイランのクルド民主党(KDPI)の建物を攻撃した。また、少なくとも9機の無人偵察機が、スレイマニヤ県の左翼クルド人政党コマラの建物を攻撃した。

 イランのワヒディ内相は、「イランでの反政府デモに一部のクルド人グループが関与している」と非難している。政府によると、クルド人地域のイランのデモ隊にクルド人の武器が手渡されたという。

 アミニさんの死後、イランでは毎日のように抗議活動が行われ、当局はこれに対して強権を行使して取り押さえている。死亡者数と逮捕者数に関する正確な情報はないが、イランの国営放送局は、40人以上、その他の情報源によると70人以上が死亡したと報じている。全国で数千人が逮捕されたともいう。その中には、影響力のある元大統領アリ・アクバル・ハシェミ・ラフサンジャニの娘、ファエセ・ハシェミさんが含まれているという情報がある。有名な女性の権利活動家ハシェミさんは何年にもわたってイスラム政権を批判しており、スカーフ着用の義務付けには常に反対してきた。

 ライシ大統領は拘束中の若い女性(アミニさん)の死はイスラム共和国のすべての国民を悲しませたと認めたが、アミニさんの死をめぐって広がる暴力的な抗議を通じて混乱を起こすことは受け入れられないと警告している。

 イラン警察は28日、デモ参加者への対策を強化すると発表し、「反革命分子や敵対勢力の陰謀に全力で反対する。公の秩序と治安を乱した者に対しては断固として行動する」と表明した(「10年遅れで『イランの春』到来するか」2022年9月24日参考)。

 イランではインターネット アクセスも引き続き制限されている。イッサ・サレプール電気通信相は28日、「制限は暴動のために命じられたものであり、必要な限り継続される」と述べた。「イラン学生通信」(ISNA通信)による、ブロックされたアプリの一部は米国からのもので、デモ参加者間の通信手段として使用されたため、ブロックされたという。

 イランのアリ・アルガメール司法長官は26日、全国的な抗議デモ中に逮捕されたデモ参加者のための特別法廷を計画していると発表したばかりだ。政府と司法当局はデモ参加者全員を海外からの“雇われデモ傭兵”と受け取っていることもあって、デモ参加者に対して長期の懲役刑が予想されている。なお、特別裁判所には、国家安全保障違反を扱い、厳しい判決で悪名高い革命裁判所が含まれている。

 イランの抗議デモはイギリスやカナダなど欧米の多くの都市にも波及し、連帯デモが行われている。国連のグテーレス事務総長は、「女性や子供を含む死亡者数が増加している」と懸念を表明し、イランの治安部隊に対し、不必要な武力を行使しないよう求めている。

あの“アベ(安倍)ライン”を見よ

 安倍晋三元首相の国葬が27日、東京都千代田区の日本武道館で執り行われた。首相経験者の国葬は1967年の吉田茂氏以来55年ぶり。国内外から4000人以上が参列し、憲政史上最長の通算8年8カ月にわたり首相を務めた安倍氏に最後の別れを告げた。

PHO20220927_165343
▲2022年9月27日、東京、一般献花のための列

 安倍元首相は7月8日午前11時半、奈良市で参院選の応援演説中、41歳の無職の男性に2発、背後から銃撃された。心肺停止状態でヘリコプターで病院に搬送され、4時間以上に及ぶ手術を受けたが、銃弾が心臓を直撃しており、大量の出血が原因で死去された。67歳だった。

 読売新聞電子版によると、一般献花台は、国葬会場の日本武道館から約100メートル離れた九段坂公園に設けられた。「朝から花束を手にした人が最長約1・7キロにわたって列を作ったため、受け付け開始時間が午前10時から30分前倒しされた」という。その記事を読んだ時、8日前の9月19日にロンドンで挙行された英エリザベス女王の国葬を直ぐに思い出した。

 あの時はテムズ河沿いから女王の棺が安置されていたウェストミンスターホールまで、女王に最後の弔意を表明したい国民が7キロ余りの長い列を作った。列の人々は黙々と一歩一歩、女王の棺があるホールに向かっていることに満足していた。当方はそのシーンを見て、“エリザベス・ラインの奇跡”と呼びたくなった。当方はコラム欄で「あのエリザベス・ラインを見よ」という見出しで、英国民が見せた美しい長蛇の列を驚きと称賛を込めて記事を書いた。

 安倍さんの列はエリザベス女王の時ほど長い列ではなかったが、安倍元首相に最後の別れを告げる人々の列も整然としていた。読売新聞電子版はその長蛇の列に並ぶ参列者にコメントを取っていた。参列者はそれぞれの思いを込めて答えていた。

 英国では多くの参列者は即位70年間を全うした女王への尊敬とその女王が歴史の舞台から去ったという「歴史的出来事」を逃すまいという思いから列に並ぶ人々が多かった。安倍さんの場合、67歳という政治家としてもこれからまだ活躍できる歳にもかかわらず、銃殺で非業の死を遂げた政治家への同情と、持病をかかえながら明日の日本をよくするため精魂を込めて歩んできた政治家への感謝の思いが強いのではないか。

 安倍元首相の国葬挙行では朝日新聞ら左派系メディアが法的根拠やその正当性を上げて批判の論調を展開。国葬反対の抗議デモが一部あったが、大きな問題もなく国葬は無事行われた。エリザベス女王の時も安倍元首相の時も、国葬の日は快晴に恵まれた。

 国葬をテレビ中継とビデオでフォローした。岸田文雄首相は追悼の辞の中で、「あなたが敷いた土台の上に、持続的ですべての人が輝く包摂的な日本、地域、世界をつくっていく」と述べ、ポスト安倍時代のかじ取りに改めて決意を表明した。

 当方は友人代表で弔意を表明した菅義偉前首相の話に感動した。当方だけではなく、多くの日本国民がそうだったという。菅氏の話は心に響く内容で、余り知られていない安倍氏と菅氏との人間的な交流劇は新鮮であり、感動的だった。2期目の自民党総裁選出馬をためらっていた安倍氏を説得させたことを、「政治家菅義偉の生涯最大の達成」と語る菅氏の言葉は聞く者の心を打った。そして「安倍氏は日本国の真のリーダーだった」と述べていた。

 当コラム欄で「あのエリザベス・ラインを見よ」(2022年9月17日参考)と書いたが、それに倣って、安倍さんに弔意する長蛇の列を「あの“アベライン”を見よ」と呼びたい。

 IT技術が発展し、遠く離れた者同士も相手の顔を見ながらコミュニケーションができる時代に生きていることもあって、供奉の列に加わるといったことはなくなった。食糧配給所の前や救援物質を得るための長い列も遠い昔話になってしまった。それが、エリザベス女王と安倍元首相の国葬で変わった。亡くなった偉人や英雄に弔意を表明するために人々は列を厭わなくなった。「列」(ライン)が復活したのだ。

 菅氏は「総理、あなたは今日よりも明日の方がよくなる日本を創りたい。若い人たちに希望を持たせたいという強い信念を持ち、毎日、毎日、国民に語りかけておられた。そして、日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲き誇れ。これがあなたの口癖でした」という。

 日本国民は本当に国を思う愛国者を失った。ただ、喪に服する時間はあまりない。故人が残した日本を今日よりも明日よくするために、取り組まなければならない課題は多いからだ。

シュワちゃんの「原発」擁護発言

 人は変わるものだ。良い方に変わる場合とそうでない場合とがあるが、数年前と現在でまったく変わらない人がいたら、そのほうが珍しいかもしれない。それほど時代のテンポは急速に動いている。その意味で、日本で“シュワちゃん”という愛称をもつ元米カルフォルニア州知事で俳優のアーノルド・アロイス・シュワルツェネッガーさんが変わったとしても不思議ではない。

400 (1)
▲環境保護のために奮闘する俳優アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー氏(ビッツ・ブレッツェルフェア公式サイトから)

 カルフォルニア州知事(在任2003年〜11年)を務めた後、政界から引退し、環境保護活動に専心しているシュワルツェネッガーさん(75)が25日、ミュンヘンで開催されたビッツ&プレッツェルのスタートアップフェアでスピーチし、「1970年、80年代に遡ると、われわれは原子力エネルギーの利用を段階的に廃止したことは大きな過ちだった」と語ったのだ。

 シュワちゃんは政界引退後、スウェーデンの環境保護活動家グレタ・トゥーンべリさんと同じように、地球の温暖化阻止、クリーンエネルギーの拡大を世界に訴えてきた。シュワちゃんは他の環境保護活動家と同様、地球温暖化の原因ともなるCO2を放出する石炭や原油などの炭素系エネルギーからクリーンな再生可能エネルギーの利用を訴えてきた。

 シュワちゃんのこれまでの環境保護政策を知っている人なら、彼が突然、脱原発から原発利用に豹変したことに驚くだろう。ひょっとしたら、「ブルータス、お前もか」といわんばかりに、怒り出すかもしれない。福島第一原発事故以来、脱原発を推進してきたドイツでも原発の操業延長などの声が産業界で高まっているからだ。だから、シャワちゃん、お前も心変わりしたのか、という怒りだ。

 シュワちゃんは「欧州は1970年、80年代、ロシア産天然ガスの供給に依存することで、そのエネルギー政策は非常に脆弱となった。そのロシアがウクライナ侵攻以来、ロシア側の供給ストップでエネルギー危機に直面している」と述べ、脱原発政策から原発推進を呼びかけているのだ。

 シュワちゃんはまた、チェルノブイリ原発事故(1986年)や福島第一原発事故(2011年)などに直面し、リスクの高い原発操業を段階的に中止する国が欧州で出てきた問題に言及し、「環境保護活動家は原発事故の恐ろしさを考え、脱原発を主張してきたが、原発事故による死亡者数は、公害や気候変動による死亡者数に比べごくわずかだ。原発はほぼCO2ニュートラルで稼働する」と説明し、「化石燃料は敵だ」とターミネーターらしい檄を飛ばすことも忘れなかった。

 シュワちゃんが原発推進を突然言い出したわけではない。ウクライナ戦争の影響、ロシア産天然ガスの供給ストップなどでエネルギー危機に陥っている現状を受け、欧州連合(EU)の欧州議会は7月6日、ストラスブールでの本会議で、気候変動抑制などに寄与する持続可能な投資対象のリスト「EUタクソノミー」(EU-Taxonomie)に原発や天然ガス発電を条件付きで追加するEU委員会の法案を賛成328票、反対278票、棄権33票で承認した。この結果、EU委員会が提案したEU分類案は来年1月から施行される公算が大きくなったからだ。

 EUは温室効果ガス排出量を2050年までに「実質ゼロ」(カーボンニュートラル)とする目標を掲げている。その目標を達成するためには原発、天然ガスを持続可能なエネルギーとして活用することが不可欠と判断し、「グリーン」と認定することで投資家を呼び込むことを目的としている。シュワちゃんの原発支持はEUの潮流に乗ったものであることは間違いない。

 例えば、欧州の経済大国ドイツでは、年内に操業停止予定だった残りの3基の原発のうち2基を来年4月半ばまで予備電源として使用できるようにする方針にしたばかりだ。ただし、脱原発の政策には変化はないという。脱原発を党是とするドイツの「緑の党」からは今回の決定に対しても強い抵抗がある。ドイツの17基の原発を今年末までに停止するというメルケル前政権から続けてきた脱原発政策はロシア軍のウクライナ侵攻の影響もあって大きく揺れ動きだしてきたわけだ。

 シュワちゃんのミュンヘンでの原発推進への呼びかけは少なくともドイツ産業界では歓迎されている。時代の動きと要請を素早くキャッチする能力では、ボディビルダーから俳優、そして米最大州の知事にまで這い上ったシュワちゃんは、党是に縛られている通常の政治家より優れているし、柔軟性があることは間違ない。なお、シュワちゃんはオーストリア南部シュタイアーマルク州出身だ。参考までに、オーストリアは欧州で唯一、「反原発法」が施行されている国だ。シュワちゃんの活躍が期待される所以だ。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ